良い人材を発掘するために|採用募集用の動画に関する情報も!企業の宣伝効果アップの方法

採用動画を使用することによるメリットを記載しています

良い人材を発掘するために

ビデオカメラ

採用動画を使用するメリット

良い人材を獲得しようと、それぞれの企業で様々な対策を講じてるかと思います。採用の募集をする際に動画を用いることをおすすめします。動画を用いることにより、文章では伝わりづらいことを伝えることができるメリットがあります。社員へのインタビュー動画であれば「どのような社員がいるのか」「企業の具体的なイメージ」などがより分かるようになります。またスマートフォンが普及したことにより気軽に動画を視聴できるので、就活生の目に止まりやすくなります。

希望の人材を採用することができる

企業がどのような人材を求めているのか動画で発信すれば、希望の人材を採用できる可能性が高まります。実際に働いている姿を映した動画にするとよりイメージもしやすくなると思います。そうすることで応募者側も企業がどのような人材を求めているのか判断がしやすくなり、実際に採用されたとしてもイメージと現実のギャップが無くなり研修途中での退職を防ぐことができると思います。

静止画と動画でのマーケティングの効果の違い

静止画

静止画はひと目見ただけでどのようなことを伝えているのか判断できることがメリットと言えます。動画は最後まで視聴しないとどのようなことを伝えたいのか判断ができない場合が少なからずありますが、静止画だとその一枚の画像に伝えたいことが全て詰まっているので、どのような情報なのかすぐに分かります。

動画

動画コンテンツは多くの情報を伝えることができるため、視聴者の印象に残りやすいというメリットがあります。またスマートフォンが普及したことにより、その動画が魅力的であればSNSなどですぐに拡散されますので、多くの方に自社のことを知ってもらうことができます。

広告募集中